グローバル且つ異色なヒストリーを持つ彼女のDJスタイルは、本人のパーソナリティーを反映するように個性的である。
PROGRESSIVE HOUSEを中心に展開されるアヴァンギャルドでソフィスティケイトされた楽曲群は、ジャンルの境界線を飛び越え極上のスペクトルを紡ぎだす。”Wolfgang Gartner” “Lazy Rich” “Sezer Uysal” “Kid Massive” 等、数々のビ ッグアーティストとの競演オファーも、彼女のスキルの高さを裏付ける。

2012年にHacienda Oiso Festivalでフェスデビューし、都内主要クラブにて多数レギュラーイベントを持ち、自信のレジデントパーティーに加え、持ち前のグローバルな感覚を生かし様々なイベントプロデュースをアクティヴにこなすLX-Eのエネルギッシュなパフォーマンスは、2013~2014年に2年連続iLOUDの国内Top 50にランクインするなど東京アンダーグラウンドシーンにて着実にランキングを獲得している。2014年夏マレーシア・クアラルンプール3カ所のツアーで海外でのDJ活動も始まって、これから国内だけではなく海外のシーンでも注目されてるアーティストとして進んでいく。

https://soundcloud.com/lx-e
Twitter-01-01

141111_LX-E